松本大洋 ピンポンの面白さ、感想【漫画、アニメ】

去年のオリンピックで卓球の魅力が定着してきた今日この頃。たまにこの漫画を読みたくなる。

 

ピンポンとは松本大洋氏原作の全5巻の漫画。ビックコミックスピリッツで1996〜1997年まで掲載。
内容はピンポン(卓球)を通して男の思春期の友情を描いたものです。
2002年に映画化、2014年春にアニメ化。

今回はピンポン原作の魅力、感想と漫画アニメ映画のどれを観るべきかについて書いてこうと思います!

 

ピンポン(原作)の魅力

 

・リアルで動的かつ個性的な画力

 

表紙を見ればわかる通り、個性的でリアルな作画が特徴です。人を選ぶ作風ですが読み進めるとその良さが判明します。卓球をしている描写は本当にキャラクターが「動いている」!「生きている」!
同じキャラクターでも同じ顔をしているコマが一つもないといっていいくらいです。我々三次元の人間も走っている瞬間をカメラで撮られると顔の肉が衝撃で揺れるので老けたように映ったりしますよね?激しく動いている時の顔と証明写真の顔が全く同じことって殆どないんですよね。
そのようなことを漫画で表現できるのはデッサン力がかなり高くないと不可能。
そしてそれを作者が実現しているのでピンポンはいい意味で異質でリアルな漫画だと思います。
キャラの通常時の顔もかなり特徴的でインパクトがあり一回見るともう忘れない。
坊主頭でツリ目で見るからに視力が悪そうなアクマ、おっさんみたいな老けた面をしているドラゴン、童話にでてきそうなほっぺが赤いペコ等。
版画のような不気味さがあるキャラデザと感じるかもしれない。
でもそこが物語に深みを与え、私に衝撃を与えてくれた。
また曲線美が特徴の背景も見所。
通常はキャラクターがリアルなら背景もリアル(直線的)である方が漫画的なのではと考えていたが、この漫画を見ると考えが変わった。曲線で建物を書くことでファンタジーのリアル感が増したのだ。つまりキャラが、ストーリーが、曲線の背景に完全に溶け込んでおり、
良い相乗効果をもたらしいている。
作者はインターハイの会場を内も外も取材しカメラに収めている。なるほど卓球会場だけでなく試合後の会場の外の雰囲気も妙にリアルなわけです。

 

あくまで想像上の物語であり漫画と読者に再認識させながらその世界観は圧倒的リアルに完成されて違和感がないのでピンポンにハマってしまう。

 


・登場人物たちの背景、心情の奥深さ

 

先ほどピンポンはキャラが生きているみたいだと述べましたがそれは作画だけに留まりません。
登場人物達がそれぞれの育った環境、遺伝子が心情に反映されておりそれぞれに得意なこと苦手なことがある。

 

スマイルは母子家庭育ちのため親と十分にコミュニケーションがとれず、幼少期に虐められ、高校でも部員と仲良くできない。
ルービックキューブや鼻歌を歌ったりして自分の世界に没頭する。
『人生は死ぬ迄の暇潰し』がモットー
スマイルにとって卓球は自分の世界に没頭するための手段と感じた。

 

ドラゴンは親や周りの自分の才能以上の期待に押し潰されそうになりながらインターハイを優勝し、卓球に命をかけ人一倍練習に励む。試合前はトイレに籠って自己防衛。

 

チャイナは中国のナショナルチームジュニアから戦力外通告され、不本意な日本留学。日本の卓球レベルを見下している。

 

ペコは「この星の一等賞になりたい」とスマイルに豪語。しかし視察に行った先での野良試合でチャイナにはぼろ負け、更にインターハイでアクマに惨敗。
その後ペコは自分に才能がないと思い、部活に来ず、自堕落な生活を送る。

 

アクマは努力の秀才。卓球の名門高校に入り血の滲む努力をしてペコに勝つ。しかし野良試合でスマイルに負け、『アクマには才能がない』と言われる。

 

スマイルとドラゴンはコミュニケーションが苦手で自分の殻に閉じこもる性格が似てますね。

 

作者は中学高校とサッカー部に所属していたらしく、多感な時期にスポーツに打ち込んでいたからこそ、スポーツをやる少年の心情を控えの部員からプロを目指す人まで表現できたと感じました。


ピンポンは悩みに焦点を当てていて、卓球を通して登場人物達が真剣に己の才能に苦悩しそれぞれの形で克服していく。
思春期の少年達がそれぞれの道を全力で駆け上がる様子が見れます。

 

・誰しもが自分の人生しか歩めない


スポーツの中で特に卓球は才能がものをいいます。生まれつきの反射神経や動体視力は変わりようがありません。
最終話では登場人物達がそれぞれの欠点を克服し物語は幕を閉じます。
ペコは物凄い才能に加えめげずに血を滲む努力をしてプロ選手に。ドイツリーグで名を馳せている。
スマイルはプロにもなれたが卓球を真剣にやることで人との繋がりの大切さを学ぶ。そのためか教師になる。
ドラゴンはプロ選手になるが、成績が下がり世界選手権代表を外されてしまう。彼は「卓球だけの人生なんて御免だ」と言っていた。世界の広さを知る。
アクマは才能に恵まれずプロにはなれなかったが努力した結果だし悔いはないと語る。結婚し子供ができた。自営業で稼ぐ気満々らしい。

 

皆んなそれぞれの居場所を見つけ、そこで頑張っている。挫折しながらそれでも前へ。自分の個性に見合った居場所を見つけるのがより良い人生を送るのに大切だと気付かされました。

 

・ヒーローの凄さ


プロになれる人間は一握りでその中で活躍できるのは更に一握り。そういう人間は才能、努力だけではなくヒーロー的な魅力がある。自己満足するだけでなく周りの人を動かし、その人の人生を大きく変えてしまう。世界に大きな影響を与えられる人間がきっとヒーローでこの星の一等賞になれるのだろう。

 

・カッコよくユーモア


この漫画は一々カッコよくユーモアに溢れてる。擬音、セリフ、話のタイトルどれをとっても素晴らしい。スマイルの「おかえり、ヒーロー」は鳥肌もの。

 


・漫画アニメ映画のどれを観るべきか

 

アニメピンポンの特徴


アニメは原作の作風を忠実に再現していて、試合シーンは動的な作画をアニメにしているので凄まじい動きになっており見応えがあります。
漫画でかっちょいいシーンは全部入ってます。
更にアニメの音楽はリズムテンポが良く特に卓球台がボールを弾く音は音フェチには堪らねえ!癖になります。
アニメでは作者が原作で書ききれなかったエピソードも映像化されています。また百合枝、風間理事長、孔の母親など、オリジナルキャラクターも登場。

 

 

映画ピンポンの特徴


映画の良さは受け入れの広さです。
前述した通りかなりクセのある作風ですが実写化することで壁がなくなりより多くの人が楽しめる作品になっていると思います。卓球場の暗く昭和な雰囲気も良い演出。脚本も上手くダイジェストされていて映画だけ見ても満足できる内容です。

 

 

アニメか映画か


時間的には映画は約2時間でアニメは約20分×11話=220分=3時間40分なので情報量の濃さはアニメの方が当然上。作風に抵抗感がなければアニメがオススメ。話を追うごとに出来上がるopも情緒溢れるedもサイコーっす。

 

 

 

まとめ
原作の作風が得意ではない人は映画ピンポンがオススメ
音楽も楽しみたい人はアニメピンポンがオススメ
自分のペースでじっくり楽しみたい人は漫画がオススメ

【漫画】ヒカルの碁が面白すぎる。【感想】

最近将棋界が盛り上がりを見せています。
将棋漫画の中では3月のライオンハチワンダイバー月下の棋士等が有名ですね。
一方、
囲碁漫画で面白い有名作品は何と聞かれると間違いなく挙がるのがヒカルの碁
ヒカルの碁囲碁のルールを知らない私でも面白いと思いました。


今回はヒカルの碁の魅力と感想を語りたいと思います。

 

・あらすじ
小学六年生の進藤ヒカルはある日爺ちゃんの倉庫で遊んでいると、血の跡が着いている古い囲碁盤を見つける。すると碁盤に宿っていた平安時代囲碁の天才、藤原左為(sai)の幽霊に取り憑かれる。そしてヒカルは神の一手を極めるというsaiの夢を叶えるために囲碁を学んでいく。

 

ヒカルの碁の魅力

 

ヒカルの心情の変化と成長

 

第1話を読んだ時にこれは面白い!と思いました。私に囲碁が強くてかわいい幽霊がついたら、幽霊を利用してプロ棋士になってタイトルをとって金持ちになってsaiとイチャイチャしたいと妄想してた。
ヒカルも最初はそういう願望がありました。だが、その気持ちは一変。
彼の前に塔矢アキラというプロ棋士の息子が現れ、ヒカルがsaiを利用してボコボコにします。
死ぬ程悔しがって泣いた塔矢を見たヒカルは勝負で負けて泣くほど夢中になれるものがある塔矢に憧れを持つ。
やがてヒカルはsaiと囲碁を学びながら院生になり囲碁のプロ棋士を目指し始めます。(院生テストはヒカルの自力だったよ。)
こういったヒカルの気持ちの変化が魅力の一つです。

 

画期的なストーリー

 

小学六年生で自分で何か成し遂げたいと強い意志を持つ者は少数です。
私はその頃はおすし食べたいくらいの意志しかありませんでした。
主人公のヒカルも運動が好きなただの少年でした。彼にsaiを取り憑かせることでヒカルを取り巻く環境や心境を変化させていくというストーリーは画期的です。
またsaiを幽霊にすることで塔矢は最初ヒカルとの対戦後、ヒカルはめちゃくちゃ強い棋士だと誤解し、ヒカル(sai)の後を追いかけていきます。
本当はヒカルじゃなくてそいつはsaiだよ〜と思わず塔矢にネタバレしてあげたくなります。
そんな塔矢の実直さやsai、ヒカル、塔矢3人の関係性を読者という神の視点で見届けられるのが本当に面白い!

 

ヒカルの碁は実は熱血スポ根もの

 

ヒカルの碁囲碁の難しいイメージがあるスポーツという印象を大きく変えたと思います。
院生の皆が同じプロという狭き門を目指して闘う姿はスラムダンクキャプテン翼等のスポ根そのものです。囲碁は個人種目なので時には自分の実力が明白にわかってしまう残酷なスポーツになります。それでもプロを目指す彼らの意志の強さに私は感銘を受けました。ヒカルの碁はあなたに勇気と感動を与えてくれますよ。


緻密な作画


デスノートと同じ作画の方です。
綺麗で繊細なクセのない作画がヒカルの碁の良さを引き立てていますね。
最終巻のヒカルと塔矢の顔がすごくカッコいい。ヒカルも大人になったなあ。

 

 

まとめ
ヒカルの精神的成長に注目。
saiや塔矢の心境変化も見届けよう。

笑えて泣ける漫画 最強伝説黒沢を読んだ感想。

私は男性にオススメの漫画は何?と聞かれたら、最強伝説黒沢と答える。

 

最強伝説黒沢は笑えて泣けて人生の羅針盤の一つとなる最高の漫画である。

 

・黒沢の手段を厭わない問題解決方法がシュール

黒沢の面白さの一つは行動力だ。黒沢は兎に角目的のためなら手段は選ばないがその手段は正攻法とはかなりズレている。人望を得るためにアジフライを仕事仲間の弁当に仕込んだり、敵に見つからないようにアフロを被ったり、敵と戦うために排出物を持ち歩いたりする。失敗する行動もあるが成功してしまう行動もある。黒沢が行うとどちらもシュール。

・セリフ、ギャグがシュール
最強伝説黒沢のギャグは主に黒沢の自虐的なものだ。著者の作風も相まって哀愁漂う黒沢のギャグ、セリフも読み応えがある。


・黒沢の熱き魂
どこかズレてる男黒沢だが魂は熱い。
最初は黒沢みたいな人間にはなりたくないと思うのも無理はないが、最終巻を読めば誰もが黒沢の様な熱き魂を宿す男になりたいと思うだろう。まさしく黒沢の魂は伝染するのだ。
最終巻は圧巻である。男同士の命をかけた戦闘は読者を奮い立たせてくれる。今の男性に足りないものが何か、この漫画はきっと教えてくれる。
私は漫画で沢山笑って泣いてしまったのは久々だった。

よければご参考までに。

小説ダレンシャンは最高のダークファンタジー。【感想】

昼は至って普通の学生、夜は人が恐れる吸血鬼になって格好良く暗躍したい。
と妄想したことありませんか?


厨二病全開だった頃の私はありました笑
ダレンシャンを読むと吸血鬼になるのはやめておこうと考えを改めるはずです笑
ダレンシャンはダークファンタジーの中では低年層向けですが、東京喰種と似てる部分が多いと感じ、とても面白い小説でした。(あくまでも少年向けなので東京喰種の様なグロ描写はないけどね。)
ハリポッターがファンタジー界の光ならばダレンシャンは影であると評されている。

あらすじ
蜘蛛好きの少年ダレンシャンは親友のスティーブとある日奇怪なサーカスを観に行きます。サーカス終了後の控え室に忍び込んだダレンシャンはサーカスの見世物であった巨大蜘蛛マダムオクタを盗んでしまう。盗んだマダムオクタでスティーブと遊んでいると操縦に失敗してしまいマダムオクタはスティーブを噛み殺してしまう。ダレンシャンはスティーブを助ける代わりにバンパイアになるという取引をマダムオクタの持ち主でバンパイアでもあるクレプスリーと交わす。
友人のスティーブは自分がなりたかったバンパイアになれず、
ダレンを恨み、敵対する。
そしてダレンシャンの運命は大きく変動する。

感想
・ダレンの葛藤
ダレンシャンの序盤の魅力は何と言ってもダレンの心の葛藤です。
契約を交わしてもいきなりバンパイアになれるわけではなくまずは半バンパイアになります。バンパイアになると人の血を吸わないと生きていけません。ダレンシャンは最初は半バンパイアなので動物の血を飲むことで生命活動を維持可能でしたが、バンパイアになるにつれダレンの体は動物の血だけでは苦しくなる。自分の命と人間の尊厳のどちらを捨てるかでダレンが苦悩する場面が多く描写されていてます。

・壮大なストーリー
ダレンシャンは2007年の完結済み作品でありながら今現在でも高い評価を受けています。それはやはりストーリーの壮大さ、素晴らしさでしょう。
初めはダレンはクレプスリーと共に奇怪なサーカスを転々とし、芸を披露しながら生活するのですが
読み進めるとバンパイアの謎がどんどん明らかになっています。バンパイアも人間と同じ様に笑い、悩むのです。
ダレンシャンの物語は巻数を重ねるにつれ壮絶なものになります。
そして最終巻のラストは予想できない衝撃的なものでした!
私はループ物という概念をこの作品で知りました。

・小説版(原作)か漫画版
やはり初めて読む方には時間がかかっても小説版ダレンシャンを読んで欲しいです。
実はこのダレンシャンはサンデーでコミカライズされてます。巻数は小説と同じ12巻です。漫画版も素晴らしい出来です!一度小説版を読んだ方にも漫画版はオススメです!
ですが、あまり文章を読んで場面を想像するのが得意ではないなという人には漫画版がオススメです。バトルシーンは特に漫画ならではの表現方法で読めるので面白いです。


ダレンシャンは21世紀を代表するダークファンタジー小説といえます。
そんな作品の面白さ、凄さ、緻密さ、壮大さを感じて貰えればと思います。

vitaでギャルゲー、ノベルゲーを50時間プレイした感想

ギャルゲー、ノベルゲー専用機としてpsvita本体(wifi)を買い何本かプレイした感想を述べたいと思います。

 

・物語に没頭できる
vitaなら可愛いキャラの口もセリフに合わせて動くのでキャラが生きているかのよう。お気に入りシーン、名言シーンがあれば2ボタン簡単タッチでスクショ。
vitaは携帯機なので朝学校、会社に行く前、腹が痛くなり長時間トイレに籠城する時、出先、昼休み、寝る前等何処でもプレイできる。
自分は貧弱なのですがPC前で12時間ぶっ通しでノベルゲーをプレイし腹から腰にかけてのあたりが痛くなって悲しい思いをしたことがあります。vitaならベッドで寝ながらノベルゲーができるので体が強くない方にもオススメ。自分のオススメはカーテンを閉め切り消灯してイヤホンをつけてプレイすることです!人間は光に反応する生き物なので外部刺激は少ない方が良い。少し視力を犠牲にすることで物語に没頭できますよ。


性的描写も抑えめなので早くこいつらの夜明けろよイライラとなることもないです。
画質も文句なしです。個人的にはスマホとあまり変わらないのでは?と思ってます。
画面はpspより大きく、スマホみたいにタッチもできるので画面フィルムはあった方が望ましい。psp同様画面が剥き出しなので画面フィルムとケースを買うと良いかも。背面タッチは・・使わないです。

ギャルゲー、ノベルゲーだと画面1タッチで次のセリフに行きます。

psp2000でクラナドをプレイしたときはUMDのギュイイイインキュルキュルという回転読取音がかなり煩かったが、psvitaは音は全く問題なし。

重さはpsp2000は180g、psvitaは218g。手に持った感じはpsp2000よりちょい重い。

vitaのメモリカードはノベルゲーギャルゲーをパッケージのみで買うなら8GBで全く問題なし。

 

まとめ
やはりpsvitaでギャルゲー、ノベルゲーがプレイできるのは肉体的にも時間効率的にも良い。
ギャルゲー、ノベルゲーのみならvitaメモリカードは8GBと画面フィルムとケースは買った方が快適。

よければご参考までに。

 

Kindlepaperwhiteで漫画を半年間読んだ感想。

私は寝っ転がっていて布団から1メートル先の本棚の奥にある漫画を読みたい時、こう夢想する。
「漫画が空を飛んでこちらまで来てくれないか」と。
私の夢はKindleにより遂に叶った。

 

Kindle(white paper)を購入し色々と漫画を読んで半年経つので、良い点悪い点について述べたいと思います。

 

まず感じたことは漫画を読む時間が増えた。
なぜならKindle一つで多くの漫画を読むことができ、目的の漫画を本棚、散らかっている床から見つける手間が省けます。人間の脳は面倒と判断するとその行為を行いたがりません。折角買った漫画も面倒で積ん読してしまっている・・ということも少なくないはずです。


しかしKindle一つがあれば枕の横に置いておけば外出前の隙間時間、トイレ中、寝る前、そして外でも好きな漫画を読むことができます。

(トイレ読書はとても捗るからオススメです。アンモニウムの微かな刺激と小スペースの異空間があなたの脳を活性化させてくれるからです。お尻を拭きたい時はトイレットペーパーの上にKindleを置こう。これでKindleが汚れる心配もない。)

漫画では視界には見開きが映りますが、Kindleは片面だ。

私は左ページに迫力のあるシーンがあると右ページをよく読まずに左に目移りしてしまうことがあり、あたふたすることがあった。

しかし、Kindleは片面なのでその1ページに集中して読めるので注意散漫な私でも漫画を前より楽しめるようになった。

 

次に手軽だ。
重さでは
kindle paperwhite 210g
単行本 150〜160g
と単行本に引けを取ってるが
薄さは
kindle paperwhite 0.91cm
単行本 1.2〜1.5cm
となっています。


薄いというのは手軽さ要因の一つでありこれによりKindleと単行本は手に持った時の重量感にさほどの違いはないと私は感じた。手が小さめで非力な私でも手軽に読書できた。

 

片面表示だと見開き大ゴマページが見れなくなると懸念する方もいるが、心配ない。Kindleは両面にも対応しているので物語から退出されることはない。


ただしこんなKindleにも欠点がある。
スラムダンク20世紀少年の作者は電子書籍反対派なのでKindleでは読めない。

これを除けばKindleは21世紀の画期的な発明品といって良いだろう。

 

最後にKindleで漫画を買うときの注意点を。
クレカは怖いという方はコンビニに売ってるAmazonカードを買うと良い。
カードの裏の番号をAmazonで入力すればその分の金額が使用できる。
Kindleはよくポイントセールを行うので買った本が一週間後には50%ポイントついてた畜生!という経験は私もあります。

なのでポイントセール中心に購入を検討したほうがいい。
基本的には40%ポイント以上なら即買い。集英社は余りセールをしないので35%以上なら即買い。
なにがポイントついてるかはKindle 漫画 ランキングで検索すれば大体でてきます。ポイントついてる本は皆買うのでランキング上位に食い込むことが多いのです。
期間限定無料の本もたくさんあるのでそれを読む目的でKindle買うのもありだと思う。

 

こんなところです。
あくまで個人の見解なので参考程度に!