Kindlepaperwhiteで漫画を半年間読んだ感想。

私は寝っ転がっていて布団から1メートル先の本棚の奥にある漫画を読みたい時、こう夢想する。
「漫画が空を飛んでこちらまで来てくれないか」と。
私の夢はKindleにより遂に叶った。

 

Kindle(white paper)を購入し色々と漫画を読んで半年経つので、良い点悪い点について述べたいと思います。

 

まず感じたことは漫画を読む時間が増えた。
なぜならKindle一つで多くの漫画を読むことができ、目的の漫画を本棚、散らかっている床から見つける手間が省けます。人間の脳は面倒と判断するとその行為を行いたがりません。折角買った漫画も面倒で積ん読してしまっている・・ということも少なくないはずです。


しかしKindle一つがあれば枕の横に置いておけば外出前の隙間時間、トイレ中、寝る前、そして外でも好きな漫画を読むことができます。

(トイレ読書はとても捗るからオススメです。アンモニウムの微かな刺激と小スペースの異空間があなたの脳を活性化させてくれるからです。お尻を拭きたい時はトイレットペーパーの上にKindleを置こう。これでKindleが汚れる心配もない。)

漫画では視界には見開きが映りますが、Kindleは片面だ。

私は左ページに迫力のあるシーンがあると右ページをよく読まずに左に目移りしてしまうことがあり、あたふたすることがあった。

しかし、Kindleは片面なのでその1ページに集中して読めるので注意散漫な私でも漫画を前より楽しめるようになった。

 

次に手軽だ。
重さでは
kindle paperwhite 210g
単行本 150〜160g
と単行本に引けを取ってるが
薄さは
kindle paperwhite 0.91cm
単行本 1.2〜1.5cm
となっています。


薄いというのは手軽さ要因の一つでありこれによりKindleと単行本は手に持った時の重量感にさほどの違いはないと私は感じた。手が小さめで非力な私でも手軽に読書できた。

 

片面表示だと見開き大ゴマページが見れなくなると懸念する方もいるが、心配ない。Kindleは両面にも対応しているので物語から退出されることはない。


ただしこんなKindleにも欠点がある。
スラムダンク20世紀少年の作者は電子書籍反対派なのでKindleでは読めない。

これを除けばKindleは21世紀の画期的な発明品といって良いだろう。

 

最後にKindleで漫画を買うときの注意点を。
クレカは怖いという方はコンビニに売ってるAmazonカードを買うと良い。
カードの裏の番号をAmazonで入力すればその分の金額が使用できる。
Kindleはよくポイントセールを行うので買った本が一週間後には50%ポイントついてた畜生!という経験は私もあります。

なのでポイントセール中心に購入を検討したほうがいい。
基本的には40%ポイント以上なら即買い。集英社は余りセールをしないので35%以上なら即買い。
なにがポイントついてるかはKindle 漫画 ランキングで検索すれば大体でてきます。ポイントついてる本は皆買うのでランキング上位に食い込むことが多いのです。
期間限定無料の本もたくさんあるのでそれを読む目的でKindle買うのもありだと思う。

 

こんなところです。
あくまで個人の見解なので参考程度に!