【漫画】ヒカルの碁が面白すぎる。【感想】

最近将棋界が盛り上がりを見せています。
将棋漫画の中では3月のライオンハチワンダイバー月下の棋士等が有名ですね。
一方、
囲碁漫画で面白い有名作品は何と聞かれると間違いなく挙がるのがヒカルの碁
ヒカルの碁囲碁のルールを知らない私でも面白いと思いました。


今回はヒカルの碁の魅力と感想を語りたいと思います。

 

・あらすじ
小学六年生の進藤ヒカルはある日爺ちゃんの倉庫で遊んでいると、血の跡が着いている古い囲碁盤を見つける。すると碁盤に宿っていた平安時代囲碁の天才、藤原左為(sai)の幽霊に取り憑かれる。そしてヒカルは神の一手を極めるというsaiの夢を叶えるために囲碁を学んでいく。

 

ヒカルの碁の魅力

 

ヒカルの心情の変化と成長

 

第1話を読んだ時にこれは面白い!と思いました。私に囲碁が強くてかわいい幽霊がついたら、幽霊を利用してプロ棋士になってタイトルをとって金持ちになってsaiとイチャイチャしたいと妄想してた。
ヒカルも最初はそういう願望がありました。だが、その気持ちは一変。
彼の前に塔矢アキラというプロ棋士の息子が現れ、ヒカルがsaiを利用してボコボコにします。
死ぬ程悔しがって泣いた塔矢を見たヒカルは勝負で負けて泣くほど夢中になれるものがある塔矢に憧れを持つ。
やがてヒカルはsaiと囲碁を学びながら院生になり囲碁のプロ棋士を目指し始めます。(院生テストはヒカルの自力だったよ。)
こういったヒカルの気持ちの変化が魅力の一つです。

 

画期的なストーリー

 

小学六年生で自分で何か成し遂げたいと強い意志を持つ者は少数です。
私はその頃はおすし食べたいくらいの意志しかありませんでした。
主人公のヒカルも運動が好きなただの少年でした。彼にsaiを取り憑かせることでヒカルを取り巻く環境や心境を変化させていくというストーリーは画期的です。
またsaiを幽霊にすることで塔矢は最初ヒカルとの対戦後、ヒカルはめちゃくちゃ強い棋士だと誤解し、ヒカル(sai)の後を追いかけていきます。
本当はヒカルじゃなくてそいつはsaiだよ〜と思わず塔矢にネタバレしてあげたくなります。
そんな塔矢の実直さやsai、ヒカル、塔矢3人の関係性を読者という神の視点で見届けられるのが本当に面白い!

 

ヒカルの碁は実は熱血スポ根もの

 

ヒカルの碁囲碁の難しいイメージがあるスポーツという印象を大きく変えたと思います。
院生の皆が同じプロという狭き門を目指して闘う姿はスラムダンクキャプテン翼等のスポ根そのものです。囲碁は個人種目なので時には自分の実力が明白にわかってしまう残酷なスポーツになります。それでもプロを目指す彼らの意志の強さに私は感銘を受けました。ヒカルの碁はあなたに勇気と感動を与えてくれますよ。


緻密な作画


デスノートと同じ作画の方です。
綺麗で繊細なクセのない作画がヒカルの碁の良さを引き立てていますね。
最終巻のヒカルと塔矢の顔がすごくカッコいい。ヒカルも大人になったなあ。

 

 

まとめ
ヒカルの精神的成長に注目。
saiや塔矢の心境変化も見届けよう。